Azure の Virtual Machines、G シリーズがリリースされました

Facebooktwittermail

Virtual Machines で新たに G シリーズが発表されました

下記のブログで情報が公開されました。

Largest VM in the Cloud
http://azure.microsoft.com/blog/2015/01/08/largest-vm-in-the-cloud

というわけで、早速試してみました

Azure のコンソールから仮想マシンを作成すると、以下のようにサイズの選択肢に G シリーズが追加されています。

gseries

各サイズのスペックは以下の通り。

VM サイズ コア数 RAM Local SSD 最大データ ディスク数
Standard_G1 2 28 GiB 412 GB 4
Standard_G2 4 56 GiB 824 GB 8
Standard_G3 8 112 GiB 1,649 GB 16
Standard_G4 16 224 GiB 3298 GB 32
Standard_G5 32 448 GiB 6596 GB 64

2015 年 1 月 9 日時点では、米国西部リージョンで使用できます。
※追記 2015 年 2 月 22 日時点では、米国西部および米国東部 2 が使用できます。
東日本・西日本リージョンで G シリーズを起動すると以下のようなエラーが出力されますのでご注意ください。

gserieserror

最大サイズの G5 で仮想マシンを作成してみました

システム情報を見ると CPU の情報は以下の通り。「16 個のコア、16 個のロジカル プロセッサ」× 2 で合計 32 コア。

g5cpu

メモリの情報は以下の通りで、448GB がインストール済みです。

g5memory

G シリーズがリリースされる前は、D シリーズの D14(CPU 16 コア、メモリ 112GB)が Azure 上では最大サイズの仮想マシンでした。G シリーズがリリースされたことで、より高スペックなマシンが使用できるようになりましたので、ぜひお試しください。

Facebooktwittermail