Azure VM シングル インスタンスに SLA が適用されるようになりました

Facebooktwittermail

アナウンスの概要

シングル インスタンスの SLA について、以下のページでアナウンスがありました。

Announcing 4 TB for SAP HANA, Single-Instance SLA and Hybrid Use Benefit Images
https://azure.microsoft.com/en-us/blog/announcing-4-tb-for-sap-hana-single-instance-sla-and-hybrid-use-benefit-images/

SLA for Virtual Machines
https://azure.microsoft.com/en-us/support/legal/sla/virtual-machines/v1_3/

要約すると、「Premium Storage を利用しているシングル インスタンスの VM に、SLA 99.9% を適用するようにします。可用性セットが組まれている構成は従来のまま 99.95% が適用されます。」ということです。

従来の Azure VM の SLA

今回の発表があるまでは、Azure VM の SLA を適用するためには、最低 2 台の VM で冗長構成を組む必要がありました。

この冗長構成には、可用性セットを使います。

image

可用性セットの詳細はこちら。

仮想マシンの可用性管理
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/virtual-machines-windows-manage-availability

可用性のチェックリスト
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/best-practices-availability-checklist

可用性セットで組まれた冗長構成の Azure VM に対しては 99.95% の SLA が適用されていましたが、シングル インスタンスに対しては SLA が適用されませんでした。

今回の発表で、シングル インスタンスに対しても SLA が適用されることになります。

SLA が適用されることと、冗長性が確保されることは別の話

SLA は、稼働時間の保証と、ダウンタイムが発生した場合の返金制度を定義したものです。

シングル インスタンスに SLA が適用されるようになっても、そのシングル インスタンスが何らかの障害でダウンしたらサービス継続は不可能です。

なので、サービス継続性を重視する場合には、シングル インスタンスではなく、可用性セットで冗長化された構成を採用しましょう。

まとめ

SLA も大事だけど、サービス継続性も大事ですよ。

Facebooktwittermail